文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

教えて!ヨミドック

ニュース・解説

夏風邪 予防するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

手洗い、睡眠 冬と同じ

夏風邪 予防するには?
id=20180820-027-OYTEI50005,rev=3,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

   うーん、真夏なのに風邪引いちゃった。夏風邪は、冬より長引く気がしてならないんだけど。

  ヨミドック  風邪で苦しむ期間や症状の強さに、夏と冬で違いがあるかどうかを科学的に調べるのは難しく、夏風邪が長引くことを示す根拠はありません。いわゆる俗説です。

   夏風邪はつらいと感じるのも気のせい?

   夏に風邪を引く経験は、冬より少なく、不快な印象が残りやすいのかもしれませんね。

   時々聞く「プール熱」は夏風邪?

   プール熱の主な症状は、発熱やのどの痛み、目が赤くなる結膜炎などで、子どもに多い典型的な夏風邪です。原因はアデノウイルスです。夏、プールに入る頃に流行しやすいので、こう呼ばれています。

   プールには行かない方がいいの?

   そんなことはありません。プールに入っただけで感染することは、まずありません。体や手を拭くタオルを周囲の人と共用するのを避け、きちんと手を洗うことが大切です。夏風邪の原因には、ほかにエンテロ、ヒトパレコなどのウイルスがありますが、注意点は同じです。

   他に気をつけることは何かある?

   体の免疫力が下がると、ウイルスに感染しやすくなります。免疫力を保つには、十分な睡眠と栄養、規則正しい生活が大事です。

   今年は特に暑いけど、風邪を引いたら冷房は使わない方がいいの?

   冷房はいつも通り使いましょう。冷房で風邪が悪化することはありません。暑さを我慢し、熱中症になる方が問題です。夏は脱水症状を起こしやすく、冬の風邪以上に水分をしっかり取ってください。

id=20180820-027-OYTEI50006,rev=3,headline=false,link=false,float=right,lineFeed=true

   お医者さんには行った方がいいの?

   お年寄りは、夏風邪で熱が出たと思ったら、実は熱中症だったということが少なくありません。肺炎や尿路感染症などでも熱が出ます。発熱した時の様子が少しでもふだんと違ったら、ためらわず診察を受けてください。

 (石塚人生/取材協力=堀越裕歩・東京都立小児総合医療センター感染症科医長、本田仁・都立多摩総合医療センター感染症科医長)

 ヨミドックは読売新聞の医療サイト・ヨミドクターのお医者さんキャラクターです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

教えて!ヨミドックの一覧を見る

最新記事