文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いつか赤ちゃんに会いたいあなたへ

コラム

妊活 始めるなら、「今!」でしょ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

イラスト:西島秀慎

卵子凍結を考え中? それより、専門家に相談を!

 先日、東京都内の妊活セミナーで、医薬品会社の研究者Tさん(43)と、お会いしました。

 白と紺色のツートンのワンピースをすらりと着こなすTさんは、30代前半くらいにしか見えません。さすが、10年前にプロジェクトマネジャーに抜てきされただけあって、ほれぼれします。昨年出会いがあり、この春に結婚したとのこと。

 そのTさんの質問に、絶句しました。

 「子どもは欲しいので、そろそろ卵子凍結を考えています。若いうちがよいのですよね?」

 「えええっ?!」という悲鳴はなんとかのみ込みましたが、あとはしどろもどろ。

 「あの、えっと、『卵子凍結』って、そのまま妊娠・出産につながるわけじゃない――ので、1個保存すればよい、ってものじゃなくて、た、たくさん必要だし……。あ、いや、その前に、年齢によっては、卵子も採れなくて――。っていうか、若いうちって……?」

 もう、お若くないのですけど――とは、言えません。「と、とにかく、ぜひ、いえ、すぐ、専門家に相談に行ってくださいっ!」と、最後はほぼ絶叫調になったのでした。

高齢出産の成功例が、「自分も大丈夫」と誤解させている

 不妊治療への関心や世間の理解は、少しずつ高まってきていると感じています。でも、その入り口の情報がまだ知られていないなと思うことが少なくありません。Tさんの例はその典型です。ご自分の年齢と、妊娠のしやすさについての認識が乏しいのです。

 その原因に思い当たることがあります。

 有名人の高齢出産が取り上げられ、それが40代後半、ともすれば50代だったりとするからです。それなら、自分にはまだ余裕がある――と、皆さんが思っても無理はありません。

 でも、そうした成功例(だからニュースなのですが)の裏にある、山ほどの苦労話や、出産できなかった方たちのつらさは、ほとんど語られることがありません。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

meet-baby_title2-200

松本亜樹子(まつもと あきこ)

NPO法人Fine理事長/国際コーチ連盟認定プロフェッショナルサーティファイドコーチ

 長崎市生まれ。不妊経験をきっかけとしてNPO法人Fine(~現在・過去・未来の不妊体験者を支援する会~)を立ち上げ、不妊の環境向上等の自助活動を行なっている。自身は法人の事業に従事しながら、人材育成トレーナー(米国Gallup社認定ストレングス・コーチ、アンガーマネジメントコンサルタント等)、研修講師として活動している。著書に『不妊治療のやめどき』(WAVE出版)など。
Official site:http://coacham.biz/

いつか赤ちゃんに会いたいあなたへの一覧を見る

最新記事