文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

自己免疫性膵炎の仕組み判明…京大チーム、原因のたんぱく質を特定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 自分の体を免疫が誤って攻撃する自己免疫疾患の一つである「自己免疫性 膵炎すいえん 」の発症の仕組みがわかったと、京都大名誉教授の千葉勉・関西電力病院長(消化器内科)らのチームが発表した。診断や治療法の開発につながる可能性があるという。

 論文が9日、米科学誌に掲載される。

 この病気は国の指定難病の一種で、本来は、病気から体を守るために免疫が作る「抗体」が、自分の膵臓を攻撃して発症する。国内の患者は推定5000人~1万人で、腹痛や黄だん、目の腫れなどの症状が出る。薬で症状を抑えられるが、根本的な治療法はない。

 チームは、患者の血液中にある様々な抗体をマウスに注射したところ、このうちの一つがマウスの膵臓に炎症を起こすことを確認。この抗体は、膵臓の機能を維持する「ラミニン511」というたんぱく質を壊していることがわかった。

 チームによると、これまでは膵臓がんと症状が似ていて診断が難しかったが、ラミニン511に着目することで正確な診断がしやすくなるという。

 関西医科大の岡崎和一教授(消化器免疫学)の話「長い間、分からなかった病気の仕組みを明らかにした意義は大きい。将来の創薬にも期待がかかる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事