文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

五味院長の「スッキリ!体臭で悩まなくなる話」

コラム

体臭を抑える食事法(上)消臭の王様は梅干し、加齢臭には緑茶 ニオイを防ぐなら和食を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニオイは「体内」「皮膚面」「腸内」から

 体のニオイは「体内由来の体臭」「皮膚面由来の体臭」「腸内由来の体臭」の3つに大きく分けられますが、それらのニオイの元は全て口から入った食べ物です。ですから、体臭の予防は「食事に始まり食事で終わる」と言っても過言ではないでしょう。

 基本は、まずニオイ成分の原料となる食材をできるだけ控えること。そして、ニオイを抑える食材を積極的に摂取することです。

 ニオイ成分の原料となる食材には、動物性のたんぱく質と脂質があります。前者は分解されるとアンモニア、インドール、硫化水素など「腸内体臭」の原料になり、後者は加齢臭や皮脂臭の原料となります。ですから、体臭予防の第一歩は、「肉食をできるだけ控えること」です。

 しかし、たんぱく質は体の構成要素になり、脂質はエネルギー源や細胞膜の構成要素にもなる大切な栄養素です。全く食べないわけにはいきません。お肉が大好きな人も多いでしょう。そこで大切になるのは、肉食をしたら「同時に消臭食品をバランスよく食べる」ということです。

ファーストチョイスはアルカリ性食品

 積極的に食べたほうがよい消臭作用のある食材は、大きく3つのジャンルに分けられます。

 第一のジャンルは「アルカリ性食品」です。体液はほぼ中性に保たれていますが、食事によって酸性傾向に傾く場合とアルカリ傾向に傾く場合があります。実は体臭予防に最も理想的なのは、「皮膚面は弱酸性で体内は弱アルカリ性」です。

 皮膚面には善玉の常在菌がいて、弱酸性に保ち、病原性の強い菌の繁殖を防いでいます。つまり皮膚面が弱酸性であれば、強いニオイをつくる菌の繁殖が抑えられ、体臭も予防されます。しかし体内は、これとは逆です。酸性傾向にあると、「ダイエット臭」のケトン体や「ミドル脂臭」の元になる乳酸などの酸性のニオイ成分が生じ、「体内体臭」の原因となるのです。体液を弱アルカリ性傾向に保つ「アルカリ性食品」を食べることは、体臭予防のファーストチョイスと言ってよいでしょう。 

 体液を酸性傾向にする「酸性食品」には、牛肉や卵、マグロやカツオなど赤身の魚があります。それらを中和してくれる「アルカリ性食品」の代表は梅干しです。次にワカメ、メカブ、モズクなどの海藻、そしてホウレンソウやコマツナなどの緑色野菜や大豆製品があります。

 梅干しは、体臭予防の王様です。それだけでなく、梅干しの殺菌作用は口臭を予防し、含まれているクエン酸は汗のニオイも抑えます。体内で酸・アルカリのバランスがとれていることは、健康である証拠です。体臭を予防するバランスよい食事法をすれは、健康を保つことにもつながります。

皮膚からのニオイを防ぐビタミンCとE

 第二のジャンルは、「抗酸化食品」です。「皮膚面由来の体臭」には加齢臭やストレス臭がありますが、これらは皮脂腺の皮脂が活性酸素に電子を奪われて酸化することで生じます(皮膚面が酸性になるわけではありません)。活性酸素には細菌の侵入を防ぐなどプラスのはたらきもありますが、反面、老化を進める要因にもなり、ニオイの原因も作ります。

 この活性酸素の活動を抑制する働きを「抗酸化作用」といいます。脂質の酸化と関係する体臭の予防には、毎日の食事で抗酸化作用のある食品を取る必要があります。また、皮脂腺の皮脂が酸化されているということは、体内の細胞や血液中の脂質も酸化されている証しです。生活習慣病の予防や身体の老化防止にも抗酸化食品は必要なのです。

 抗酸化物質の筆頭はビタミン類、特にビタミンCとEです。この両者はともに酸化を防ぎますので、一緒に摂取するとよいでしょう。ビタミンCは人間の体の中で作ることができません。また取りだめもできません。ですから、朝昼晩の食事でこまめに取るのが効率的です。ビタミンCは、パセリ、ホウレンソウ、コマツナなどの緑色野菜やレモン、アセロラ、オレンジ、キウイなどの果物や緑茶にも多く含まれています。加齢臭などの皮膚面由来の体臭には、食べ物から取るだけでなく、レモン汁タオルやビタミンC入りの美容液で皮膚をマッサージするのも有効です。

 ビタミンEは酸化しやすいので、植物油から摂取する場合は、ドレッシングなどにして非加熱のまま使うとよいでしょう。玄米や胚芽にも多く含まれているので、主食を玄米や胚芽米、胚芽入りのパンなどにしてビタミンEを取り、ビタミンCの多い野菜や果物と一緒に、コンスタントに摂取するのがお勧めです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

gomi-200px

五味常明(ごみ・つねあき)

1949年、長野県生まれ。一橋大学商学部、昭和大学医学部卒。昭和大で形成外科、多摩病院で精神科に携わった後、体臭・多汗研究所を設立。現在は、 五味クリニック 院長として、東京と大阪で診療する傍ら、流通経済大スポーツ健康科学部の客員教授も務めている。

五味院長の「スッキリ!体臭で悩まなくなる話」の一覧を見る

最新記事