文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

わたしの医見

医療・健康・介護のコラム

副作用認めぬ医者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

岐阜県 公務員男性 50

 膝が痛い、腰が痛いと訴えていた母が病院で「骨粗しょう症」と診断され、処方薬を飲んだ夜、全身に湿疹が出た。翌日、医師に相談すると「お年寄り特有の、体がかゆくなる症状でしょう」と言われたが、母は納得せず薬をやめると湿疹も治まった。湿疹は薬の副作用と思われるのだが、医師は認めたくないらしい。

 母の体調は回復したが、膝や腰の痛みは相変わらずだ。それでもあの薬を飲むくらいなら……と思っているようだ。医者の言うことがすべて正しいわけではないことを知っておきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

iken_117

【わたしの医見のご投稿募集】

医療に関する体験、意見、疑問をお寄せください。
住所、氏名、年齢、電話番号を明記のうえ、〒100・8055読売新聞東京本社医療部「わたしの医見」係(ファクス03・3217・1960、メールiryou@yomiuri.com)へ。
読売新聞紙面にも掲載されます。

わたしの医見の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

難解な症状や副作用にどう向き合うか?

寺田次郎 六甲学院放射線科不名誉享受

残念ながら全ての薬には主作用だけでなく副作用があります。 しかも人間の体の中のブラックボックスは本当に難しくてイメージしにくい副作用も多く、普通...

残念ながら全ての薬には主作用だけでなく副作用があります。
しかも人間の体の中のブラックボックスは本当に難しくてイメージしにくい副作用も多く、普通の医師は全ての副作用の注意書きを覚えきれるものではありません。
(というか、そんなものよりもっと覚えるべき重要なことがもっとあります。)

また、製品の説明書や薬剤の書籍にまだ載っていない副作用が後で報告されることもあります。
僕は画像診断をメインに学んできたので多くの薬剤に関しては一般の内科医や外科医の先生程詳しくないのが正直なところですが、患者の意見や悩みに対してどういう風に対処するか、一般の医師や医療関係者も考えさせられるところではないでしょうか?

薬疹は結構多く見かけます。
それでも副作用を抑える薬を使ってでも無理して使うべきなのか、薬の種類を変えてしまうべきなのか、別の対処を考えるべきなのか難しいところはあります。

医療は完璧ではありませんし、医師も間違いや予期せぬ事態はありますが、医療サイドも患者サイドもそういう事と向き合ってより良い医療を形成していく必要があります。
インターネットやSNSが発達する前はもっと一方的な医師患者関係だったのですが、そういう社会の変化も踏まえて、これからどうやっていくかですね。
薬を使わないという同じ判断にしても、医師と患者の関係はこじれない方が他の症状の時のためにも良いでしょうから。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事