文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

依存症

シリーズ

ギャンブル依存 私の物語(2)大王製紙元会長 井川意高さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

逆転狙って借金膨らむ

ギャンブル依存 私の物語(2)大王製紙元会長 井川意高さん

宮崎真撮影

 大王製紙元会長の 井川意高いかわもとたか さん(54)は、カジノに総額100億円以上をつぎ込んだ。没頭したのは、バカラと呼ばれるカードゲーム。配られたカードの数字で競い、勝敗は運によるところが大きい。「単純だからこそ、はまりやすい」

 きっかけは20年ほど前、友人に誘われて豪州のカジノに行ったことだ。用意した100万円が、2000万円に増えた。2007年に社長に就任して数年が過ぎた頃、週末ごとにマカオやシンガポールのカジノに通うようになった。

 負けが込むと、逆転を狙って高額を賭けるようになり、借金は膨らんだ。経営者の権限で子会社から資金を借り、穴埋めをした。社内の告発で発覚し、11年9月に会長を引責辞任。会社法違反(特別背任)の罪で13年に懲役4年の実刑が確定し、服役した。

 ギャンブル依存になると、失った金を深追いする傾向が強まり、損害を取り戻すためにギャンブルを続けたいという切迫した欲求が生まれる。中断すると落ち着かない、しばしば賭け事に心を奪われる、うそをつくといった行動も出る。脳の刺激に対する反応も変化し、ギャンブル以外を楽しめなくなるという。

 「ピンボールでハイスコアを狙うような感覚だった。勝っていてもやめないし、負けているとなおさらやめられない」

 「元手が減ってから取り戻す時が一番しびれる。ギリギリの瀬戸際で、死のふちを見て戻ってくるようなスリルがある」

 「負けはあまり記憶に残らない。勝ったことばかりが記憶に残るんです」

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「依存症」に関連する記事

検査・診断

治療

すべて表示

付き合い方

予防

研究・その他

シリーズ

すべて表示