文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

40代から備えよう「老後のお金」

コラム

最後は誰もが「おひとりさま」 子どもに迷惑をかけないマネープランとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 女性は男性より6歳長生き。厚生労働省が発表している「簡易生命表」によれば、2016年の女性の平均寿命は87.14年で、男性の平均寿命は80.98年でした。

 男性より長生きの上、将来、子どもと同居することは少ないであろう私たち40代女性。今は同居する家族がいても、最後は「おひとりさま」になる可能性は高いのです。

最後は誰もが「おひとりさま」 子どもに迷惑をかけないマネープランとは?

教育にお金をかけ過ぎると老後資金が足りなくなる

 最近、教育費の取材をした際、複数のファイナンシャルプランナーの方から似たような話をうかがいました。「『老後のやりくりが大変』というご家庭の相談を受けていると、今のお金がない状況を招いた原因として、教育費をかけすぎたことを挙げる方がたくさんいらっしゃいます」。一方で、ある老人施設の広報担当者は、こんなふうに言っていました。「入居する施設を子どもが選ぶと、かかる費用は、親が選んだ場合の半額になるとよく言われます。シビアな現実ですよね」

 何が言いたいのか?というと、「私たちは、端境期を生きている」ということです。少し前までは、子どもに教育を施せば、将来は親子が同居する家を経済的に支えてくれました。つまり、その教育への投資は老後保障につながったのです。でも、今は、そういう時代ではなくなりつつあります。現代の教育費と老後資金は、綱引きの関係になりました。教育費にウェートをかけすぎると、老後資金が足りなくなるのです。この現実を、頭の片隅に置いておかなければいけません。

誰もが不安 「老後」は初めての経験だから

 先日、ゆうちょ財団が助成する「にじ色あんしん老いじたく」講座に行ってきました。ゆうちょ財団は、高齢者や大規模災害の被災者、障害のある方などを対象とした金融教育への助成をしています。

 にじ色(レインボーカラー)で表現されていることは多様性。講師の行政書士・永易至文さんは、オープンリーゲイ(ゲイであることを公にすること)として、セクシュアルマイノリティー向けのライフプラン講座を開催しています。私は対象者ではありませんが、「ひとりひとりが『おひとりさま』としての自覚を持ち、自分のライフプランを『自分事』として考える上での参考にしたいのですが」とお話し、参加を認めていただきました。

 冒頭で、永易さんはこんなふうに語りました。「みんな老後は初めてです。『今回が2回目の老後です』という人はいないですよね?」。言われてみれば確かにそうです。老後という言葉を聞くだけで、何だかモヤっとした不安な気分になります。「老後が、不安でない人はいません。その不安の正体を見定め、『最低限のライン』を知っておきましょう。理想論より、現実にできることを確実に積み重ねていくことが大切です」(永易さん)

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

narato-hikaru-200re

楢戸ひかる(ならと・ひかる)

マネーライター、ファイナンシャル・プランナー

 1969年生まれ。大手商社に8年間勤務後、フリーライターに。妊娠を機にファイナンシャル・プランナー資格(現FP技能士)を取得。約20年にわたり、女性向けのマネー記事を執筆してきた。
 ホームページ「主婦er」の運営や、家計管理のワークショップも手がける。家族は、夫と息子3人(高校生と中学生)。

40代から備えよう「老後のお金」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事