文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

依存症

シリーズ

依存症を支える(5)ゲーム漬け克服呼びかけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
依存症を支える(5)ゲーム漬け克服呼びかけ

「ゲームをやめる会」のミーティング場所で、パンフレットを前に経験を語るD男さん

 ひたすらゲームにのめり込み、やめられない。そんな状態も、依存症の一種だ。今年6月、世界保健機関(WHO)が病気と位置付け、注目が集まった。だが、一般にはまだほとんど知られていない。

 「ゲームをしない人生をこれから生きていきたい」。6月のある土曜日、東京都内のビルの一室で開かれた「ゲームをやめる会」。会合の冒頭、支援者らも含め参加者が決意の言葉を唱えるのは、依存症の自助グループでよく見られる光景だ。少し違うのは、この場にいた当事者がD男さん一人だったということだ。

 この会は、オンラインゲームを始めとするコンピューターゲームをやめたい人が体験を語り、支え合う。D男さんが会をつくってから約3年になるが、参加者は多くて数人。依存症として認知されていないためか、メンバーが集まりにくい。

 「仲間の経験談は自分の気持ちを代弁してくれる。自分にとっては不可欠で、もっと集まってほしい」

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「依存症」に関連する記事

検査・診断

治療

すべて表示

付き合い方

予防

研究・その他

シリーズ

すべて表示