文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

アルコール依存症

シリーズ

依存症を支える(4)自発的な治療や改善促す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
依存症を支える(4)自発的な治療や改善促す

C子さんの相談に笑顔で応じる総合診療医の吉本さん(右)

 茨城県北茨城市の同市民病院付属家庭医療センターに通い始めて1年半。うつ病の治療を続ける福島県いわき市のB子さん(42)は今月、いつものように総合診療医の吉本尚さんを訪ねた。

 悩みを真剣に聞いてくれ、冗談交じりに笑い合える吉本さん。B子さんにとって診察は、2週に1度の楽しみだ。

 「先生、最近ちょっと飲み過ぎちゃったの」

 「それじゃアルコール依存症になっちゃうよ」

 何げない会話の後、B子さんは不意に切り出した。

 「わたし依存症でしょ。薬を飲んでみたいな」

 自分でもうすうす気付いていたB子さん。断酒を補助する薬を使って、依存症を治療しようと決心した。

 B子さんの酒量は、普通ではなかった。500ミリ・リットルの缶ビールを6本飲んで焼酎へ、一升瓶は2日で空になる――。

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「アルコール依存症」に関連する記事

シリーズ