文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

新時代の「セルフメディケーション」

エクササイズ・健康・ダイエット

筋トレ女子のコンディショニング3本柱…美しく健康な身体作り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

筋肉を育てるには食事も…「ネバネバを食べよう」「主食に副菜2品」

 このスポーツクラブでは、毎日の筋トレ生活を支えるため、継続の動機付けに役立つアプリも提供している。毎日の検査データや運動実績を取り込んでデータを表示するほか、必要な食事を紹介してくれる。「腸内環境を整えるヨーグルトを」「ネバネバを食べよう」「主食に副菜2品を」……といった具体的な情報は食生活のヒントになる。

id=20180730-027-OYTEI50005,rev=4,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

体組成計に乗って、変化をチェックするのも毎回の習慣だ

 中高年のメタボや高齢者の腰痛、転倒予防、低栄養対策……健康管理には、世代にかかわらず適切な食事や運動習慣が求められている。「今よりも健康で美しい体」を求めるトレーニングも、転ばないようにする介護予防も、目指すのは筋力の維持と増進。女性に特化した1日30分のエクササイズで高齢女性の人気を集めているスポーツクラブもある。

 そう考えると、若い世代だけではなく、介護予防に取り組む80歳代、90歳代の女性も「筋トレ女子」と言えそうだ。

 人生100年時代、筋トレは老若男女すべての人にそれぞれのレベルで役に立つ。佐藤美穂さんも長い目で体作りを考えている。「将来、結婚してウェディングドレスを着る時に背中に肉がついているのは嫌。どんな服でも着られる状態でいたい。それにおばあちゃんになっても、きれいな体でいたいなぁと思ってトレーニングをしています」。

 筋トレ女子にとってのきれいな身体は、機能的にもバランスのとれた健康な体ということになりそうだ。

 ティップネスが運営するコンディショニング研究会の代表を務める杉田さんは「トレーニングの効果を上げるには、その日のコンディションに合わせて、追い込んでもいいのか、抑えるのか、内容や量を決めるのが重要です。そしてトレーニングの後はリラックスして心身の疲労を取り、速やかに食事などで糖質とタンパク質をきちんと摂取するようにして下さい」とアドバイスしている。(渡辺勝敏)

3 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

新時代の「セルフメディケーション」の一覧を見る

最新記事