文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

アルコール依存症

シリーズ

依存症を支える(2)断酒の会 仲間温かく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
依存症を支える(2)断酒の会 仲間温かく

川崎断酒新生会で仲間の打ち明け話に耳を傾け、ほほ笑む笠原さん(中央)

 「私たちは酒に対して無力です」

 「過去の過ちを素直に認めます」

 夕暮れ時の川崎市宮前区役所の一室に、男女の声がこだまする。アルコール依存症からの回復を目指す自助グループ「川崎断酒新生会」。参加者が断酒の誓いを読み上げることから、例会は始まる。

 この場所で開かれるのは月1回だが、同会の例会は市内の様々な場所で毎月10回開かれている。自宅近くの会合だけに参加する人もいれば、ほぼすべてに足を運ぶ人もいるという。市内に住む笠原徹さん(56)もアルコール依存症に悩み、この会に救われた。

 高校生の頃に酒の味を覚え、大学に進学して下宿を始めると量も増えた。20代で慢性肝炎と診断されたが、だましだまし飲み続けた。経営する会社がうまくいかず、やけ酒をあおる生活が続き、40代になると、肝臓の状態が悪化して入院。それでも、退院当日はワインで祝杯を上げた。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「アルコール依存症」に関連する記事

治療

シリーズ