文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ねんきんQ

医療・健康・介護のニュース・解説

国民年金保険料 安くできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

まとめて前払いで割引

国民年金保険料 安くできる?

 自営業者や学生などは、国民年金の保険料を自分で日本年金機構へ納める必要があります。2018年度は月1万6340円、19年度は月1万6410円です。

 機構から届く納付書を使って、毎月、銀行や郵便局、コンビニエンスストアで現金で支払うほか、インターネットバンキングなどの電子納付も可能です。

 月々納めるのが面倒な人は、口座振替やクレジットカードも利用できます。毎月、口座から自動で引き落とされるので、納め忘れる心配もありません。

 とはいえ、保険料は年間20万円近くに上ります。少しでも安くする方法はないのでしょうか。知っておくとよいのが、保険料をまとめて前払いする「前納」というしくみです。期間に応じて保険料が割引されます。

 最も割引額が大きいのは、口座振替で4月から2年分の保険料を前納するケース。例えば、今年4月から2年分を前納した人は、一度に37万7350円を口座振替で納めました。月々納めるよりも、2年間で1万5650円安い金額です。

 前納は現金やクレジットカードでもできます。割引額は、今年4月から2年間で1万4420円なので、口座振替の方がお得です。

 1年分や半年分の前納も可能です。詳細は年金事務所に相談してください。

 「一度にまとまったお金を納めるのは難しい」という人には、1か月分だけ口座振替で前納する方法があります。「早割」というサービスで、保険料が50円安くなります。1年間続ければ600円お得です。ただ、早割は口座振替のみで、現金納付やクレジットカードの利用はできません。

 保険料を納めないと、老後に無年金や低年金になりかねません。また、障害基礎年金や遺族基礎年金を受給できない場合があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

nenkinq-300

ねんきんQの一覧を見る

最新記事