文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

お笑いコンビ 藤崎マーケット 田崎佑一さん

一病息災

[お笑いコンビ 藤崎マーケット 田崎佑一さん]腎臓がん(2)仕事中も「死」が頭よぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 人間ドックで腎臓がんの疑いを昨年9月に指摘され、2週間後に精密検査をすることになった。

[お笑いコンビ 藤崎マーケット 田崎佑一さん]腎臓がん(2)仕事中も「死」が頭よぎる

 相方のトキさんには、すぐには言わなかった。この2週間には、通常の仕事に加え、「歌ネタ王決定戦」、若手漫才日本一を決める「M―1グランプリ」の予選などが続く。

 そもそも藤崎マーケットは、「M―1グランプリ」がきっかけで、2005年に結成した。

 お笑い芸人になりたかった。学業との両立は難しいと考え、大学を卒業後、すぐ養成所に入った。M―1グランプリには、組んでいたコンビを解消後、当時ピン芸人だった4歳年下のトキさんと即席でコンビを組んで出場した。「ウソぐらいに滑った」。3回戦で敗退。「悔しなあ。本気でコンビ組まへんか」――。

 だからこそ、相方のM―1グランプリへの思いがわかる。「相方がひときわ緊張する場。めっちゃかむ。病気のことを言ったら余計に動揺すると思って」

 だが、頭には常に、死ぬかもしれないという思いがあった。魚を取るテレビ番組では「大漁ですね!」と言いながらも「(自分は)がんなんやなあ」。「歌ネタ王決定戦」で優勝し、賞金300万円とラーメン10年分を手にして「やったー」と叫んでいても、「お金使う前に死ぬかもしれんけど」――などと思ってしまう。

 お客さんや妻のことを考えれば落ち込んだ姿は見せられないが、風呂で一人、急に寂しくなることもあった。

 

  お笑いコンビ 藤崎マーケット 田崎佑一さん(37)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

お笑いコンビ 藤崎マーケット 田崎佑一さん

最新記事