文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

教えて!ヨミドック

ニュース・解説

目の前をふわふわ飛ぶ「虫」は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

加齢や病気で網膜に影

目の前をふわふわ飛ぶ「虫」は?
id=20180723-027-OYTEI50022,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

   最近突然、蚊のような黒い虫が目の前をふわふわ飛ぶようになったよ。

  ヨミドック  視線を動かすと一緒に移動したり、青空や白い壁、明るいものを背景にするとはっきりしたりしますか。そうだとしたら、 飛蚊症ひぶんしょう かもしれませんね。

   黒い虫の正体は?

   目の中には「 硝子体しょうしたい 」と呼ばれる透明なゼリー状の組織が詰まっています。この硝子体に濁りが生じると、目の奥で光を感じる「網膜」に影として映ります。その影が黒い虫の正体です。実際には、人によって、ゴマや糸くず、カエルの卵、輪など様々な形に見えます。

   早く治療した方がいいのかな?

   多くの場合、「生理的飛蚊症」という治療の必要がないタイプです。高齢者に多く、加齢に伴う硝子体の変化によるものです。近視が強いと、若くても起きることがあります。ただし、何らかの病気のサインとなっている時があります。治療が必要なケースは「病的飛蚊症」と呼ばれます。

   どんな病気?

   網膜に穴が開く「網膜裂孔」や、網膜がはがれる「網膜 剥離はくり 」、糖尿病や高血圧などが原因で出血する「硝子体出血」、目の中に炎症が起きる「ぶどう膜炎」などの可能性があります。こうした病気でも硝子体が濁ることがあります。網膜剥離は放っておくと、失明の恐れがあります。飛蚊症そのものではなく、原因となっている病気を治療するのが基本です。

   どう見分ければいいのかな?

id=20180723-027-OYTEI50023,rev=3,headline=false,link=false,float=right,lineFeed=true

   残念ながら、自分で判断はできません。眼科で検査を受けてください。病気ではないと分かれば、ひとまずは安心です。ただ、飛んでいるものが急に増えるなど、見え方が変化したら、また受診した方がいいですね。

   病気じゃなくても、気になって仕方がないよ。

   同じ悩みを訴える人は少なくありませんが、いずれ慣れます。どうしても気になる時は、暗い場所で少し目を閉じて、気持ちを落ち着かせてみてはいがかでしょうか。

 (西原和紀/取材協力=平松類・二本松眼科病院眼科専門医、荒川和子・NPO法人「目と心の健康相談室」理事長)

 ヨミドックは読売新聞の医療サイト・ヨミドクターのお医者さんキャラクターです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

教えて!ヨミドックの一覧を見る

最新記事