文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

コラム

[女優 堀内敬子さん](下)「屋根の上のヴァイオリン弾き」の本番でぎっくり腰 それでも全うしたミュージカルの舞台

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

“お若い”のは小さい頃から

堀内敬子

――堀内さんも40代後半になりましたが、変わらず若々しいですね。そう言われることが多いのでは?

 私は、小さいときから“お若い”んです(笑)。昔からずっと、実際の年齢より幼く見られることが多くて。

――では、若さを保つために努力するなんてことは、特にないんでしょうか。

 いえいえ、それは……ありとあらゆることを(笑)。

 でも、中心になるのは、やっぱり食べることと寝ることですね。野菜とたんぱく質を取るようにしていますが、糖質制限はしていません。控えめにすることはありますけど、糖質抜きにはしないようにしています。

 あとは睡眠をとること。今は子どもと一緒に寝てしまうこともあって、そんな時は夜8時から朝7時まで寝てしまいます。だから、11時間。

あまりよく眠るので、「生涯の睡眠時間」を計算してみた!?

――そんなに眠れますか!?

 私は昔からよく寝るんです。あまりにも寝ている時間が長いので、その分、「自分はあまり生きていないんじゃないか」と考えて、実際に、生涯で自分が眠っている時間と、起きて活動している時間を計算してみたことがあるくらいです(笑)。活動した時間が短い分、年をとらないのかも……。

――これまで、大きな病気やケガをしたことは?

 ケガで思い出せるのは、幼稚園の時に脚の骨にひびが入って、1か月間寝ていたことくらい。それ以降は、ほとんどケガらしいケガもなければ、病気もないんです。

 ただ30代の頃に一度だけ、舞台「屋根の上のヴァイオリン弾き」の本番中にぎっくり腰になったことがあります。靴下をはけないくらい。それでも休めませんから、テーピングをして半月くらい、ミュージカルに出演し続けました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事