文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.三島の「眠ってトクする最新科学」

コラム

「朝が苦手」は遺伝かも…無理な早起きは事故やうつ、心疾患のリスク 夜型の人に理解を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

生物時計の周期が短いと「朝型勤務」も楽々

 生物時計の周期が24時間に近い人は、日々の睡眠をはじめとする生体リズムのタイミング(位相)が変動しないので、毎日同じような時間帯に眠くなり、自然に目が覚めます。そのため、苦労せずに規則正しい生活を送ることができます。また、周期が短いほど朝型傾向が強くなることも分かっており、そのような生物時計を持っている人は政府が推奨している朝型勤務(別名・ゆう活)も楽にできるでしょうね。

 一方、生物時計の周期が長い人は苦労しがちです。なにせ睡眠リズムが毎日20分、30分と遅れていくので、そのままでは昼夜逆転してしまいます。それを防ぐために、日々生じる生物時計のズレを、目から入る太陽光や人工照明といった「光」で調整(リセット)する巧妙なシステムが備わっています。その詳細については次回ご紹介しますが、いずれにせよ、生物時計の周期のズレ幅が大きいほど時刻調整は苦労します。

「気力の問題」と責められ、悩んできた患者たち

 光を活用して生物時計を調整しても、周期が長い人の睡眠リズムは遅れがちです。そのため若い頃から夜型傾向が強く、遅刻の常習犯で怒られるなど寝起きで苦労することが多いようです。中には私の患者さんのように、治療を始めるまで何十年にもわたって睡眠時間帯が後ろ側にズレ続ける特殊な睡眠障害に陥る人もいます。この方の生物時計の周期は24時間40分と、これまでに研究報告されている中で「世界最長」でした。

 生物時計が時を刻むスピードは、時計遺伝子と呼ばれる複数の遺伝子が作り出すたんぱく質の機能で決定されます。つまり朝型夜型は遺伝的な影響を受けます(正確には多因子遺伝と呼ばれます)。生まれつき頑張っても早起きができない体質なのに、「自堕落だ」「やる気がない」などと責められ、 (つら) かったと患者さんたちはよくこぼします。

 夜型生活をしている人のすべてが、生物時計のせいだとは言いません。何らかの理由によって、自己選択的に夜型生活をしている方もいるでしょう。ただ、夜型体質のために、早起きに人一倍苦労をしている人がいるのは事実です。無理に早起きをすることで、睡眠不足による事故や、うつ病、心臓疾患などの健康被害が生じることも分かっています。

「一億総活躍」のため、企業や行政は夜型理解を

 朝型勤務を推奨する社長さんや行政関係者には、この朝型夜型傾向も、身長などと同様に「体質の一つ」だということを理解していただきたいものです。「一億総活躍社会」のためには、夜型の人にも頑張ってもらわねばならないのですから。(三島和夫 精神科医)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

photo_mishima-prof

三島和夫(みしま・かずお)

秋田大学大学院医学系研究科精神科学講座 教授

 1987年、秋田大学医学部卒業。同大助教授、米国バージニア大学時間生物学研究センター研究員、スタンフォード大学睡眠研究センター客員准教授、国立精神・神経医療研究センター睡眠・覚醒障害研究部部長を経て、2018年より現職。日本睡眠学会理事、日本時間生物学会理事。著書に『不眠症治療のパラダイムシフト』(編著、医薬ジャーナル社)、『やってはいけない眠り方』(青春新書プレイブックス)、『8時間睡眠のウソ。日本人の眠り、8つの新常識』(共著、日経BP社)などがある。

Dr.三島の「眠ってトクする最新科学」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事