文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やす

コラム

夏のスポーツで怖い熱中症 命を守るために知っておくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 どうも、大関です。いよいよ夏本番、暑くなってきましたね。夏は合宿があったり、夏休みで競技に集中できたりすることから、スポーツ選手を大きく成長させる季節と言えます。厳しい暑さの中での練習に耐えることで、精神的にも一皮むけたと感じさせるのかもしれません。しかし、夏のスポーツで絶対に注意しなければならないのが熱中症です。一歩間違えば命を落とすことにもつながります。暑さ指数である「WBGT」という言葉について、今回のコラムでぜひ覚えて下さいね。

 中学生ソフトボール選手のケースです。

 Kさんは中学1年生のソフトボール選手です。日曜日の練習は、午前9時から12時までと、午後1時から4時まで。7月中旬の日曜日、午前9時の時点で気温が29度ありました。バッティング練習を行っていた11時ころ、Kさんは気分が悪くなりましたが、自分の打つ番が終わってから休もうと思いました。すると突然目の前が暗くなり、その場にうずくまってしまいました。

予防が一番 指針に沿って行動を

 当たり前ですが、熱中症は予防が一番大切です。練習や大会の責任者は、その日の気温を把握しておく必要があります。日本体育協会(現在の日本スポーツ協会)の熱中症予防運動指針では、気温(乾球温度)が28度以上は「警戒」で、積極的に休息をとるべきとされています。31度以上は「厳重警戒」で、激しい運動は中止。35度以上になった場合は、運動は原則中止としています。

熱中症予防運動指針(日本体育協会)を改変

 ただ、同じ温度でも湿度が高いと起きやすいのが熱中症です。そこで、乾球温度よりも、基準として推奨されているのが、湿度などを考慮した「WBGT」(Wet Bulb Globe Temperature:湿球黒球温度)です。暑さ指数とも呼ばれます。WBGTでは31度以上になると原則として運動は中止することとされています。

id=20180712-027-OYTEI50006,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

タニタの黒球式熱中症指数計 熱中アラーム TT-562

 WBGTの計測器は市販されており、夏の練習を行う上では今後必携のアイテムになっていくでしょう。最近ではその日のWBGTをメールで知らせてくれるサービスもありますが、人工芝では高くなるなど環境によって違うため、基本的には練習を行う環境で測ることが重要です。

水分と塩分補給 休憩中は防具を外す

 気温やWBGTが高い時、無理をしないことは当然です。気を付けたいのは、練習中、こまめに水分と塩分を補給すること、直射日光を避けるために帽子を着用すること、防具をつけるスポーツでは休憩中に熱を逃がすよう防具を外しておくことなどです。また、急に気温が高くなるなど、体が暑さになれていない場合はとくに注意してください。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

Ozeki-7-pro

大関信武(おおぜき のぶたけ)

整形外科医・博士(医学)
一般社団法人日本スポーツ医学検定機構代表理事

1976年大阪府生まれ、兵庫県立川西緑台高校卒業。
2002年滋賀医科大学を卒業。2014年横浜市立大学大学院修了。横浜市立大学付属病院、横浜南共済病院、関東学院大学ラグビー部チームドクター、英国アバディーン大学研究員などを経て、2015年より東京医科歯科大学再生医療研究センター所属。現在、東京医科歯科大学付属病院スポーツ医学診療センター、八王子スポーツ整形外科などで診療。日本体育協会公認スポーツドクター。野球、空手、ラグビーなどを通じて、野球肘、肩関節脱臼、足関節靱帯損傷、骨折(鼻骨、手首、下腿)など自身が豊富なケガの経験を持つ。スポーツのケガを減らしたいとの思いで、2015年12月一般社団法人日本スポーツ医学検定機構を設立し、「 スポーツ医学検定 」を開催している。

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やすの一覧を見る

3件 のコメント

コメントを書く

熱中症や関連の疾患の発生を予防するために

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

JFAからも熱中症ガイドラインが出ていますが試合時間やウォーターブレイクなども含めて今後の修正も必要でしょう。 天然芝のグラウンドでは水以外の持...

JFAからも熱中症ガイドラインが出ていますが試合時間やウォーターブレイクなども含めて今後の修正も必要でしょう。
天然芝のグラウンドでは水以外の持ち込みが禁止されているケースもありますが、飲水場場所など運用を変えればよりプレーイヤーズ・ファーストの制度や設備に近づくでしょう。

それがなぜ重要かと言えば、熱中症からの重症の全身炎症が怖いのはもちろんですが、その前段階での判断力の低下や筋骨格の動きのミスが重症整形疾患の温床だからです。
Jリーグのデータでも試合後半での非接触の損傷の多さがよく知られています。
ということは、暑さによる熱疲労の蓄積や純粋な疲労の蓄積と付き合いながらの運用を考える必要があります。
試合数が増えればターンオーバー制やベンチ交代も柔軟に考えたほうが良いでしょう。
学生さんの場合は勉学や家事との両立のためにも大事です。

絶対に怪我や病気をしたくなければ何も運動しなければいいわけですが、スポーツには学びや楽しみがあります。
その中で怪我や病気は避けられない部分もありますが、想定できる状況に対して医療も競技も予防策の普及を進め、救急発生時のインフラを整えていく必要があります。
その中心にいるのは整形外科医や救急医だと思いますが内科医に放射線科医、精神科医その他コメディカルや指導者も含めて地域差や文化差も踏まえたシステムを提言していく必要があります。
また、こういった未整備の領域はビジネスチャンスでもありますので各企業さんも前向きに取り組んでいただければと思います。

つづきを読む

違反報告

体験から科学的な対処をを身に着ける

寺田次郎 六甲学院放射線科不名誉享受

スポーツや教育の現場の意識が変わるのは難しい事ですね。 世代交代が進み、価値観の多様な指導者が林立することによって少しずつ変わっていくのではない...

スポーツや教育の現場の意識が変わるのは難しい事ですね。
世代交代が進み、価値観の多様な指導者が林立することによって少しずつ変わっていくのではないかと思います。
世の中は結果論と精神論で動いています。
分かりやすいからです。
また、他の社会への連続性や人材の流動性を考えれば、それらの完全否定も間違いということになります。

過保護になってもいけませんし、レスキューの準備をしながら多少の経験をさせるのがいいと思います。
自分や近しい人が体験していないものを人は肌で理解することはできません。
軽症の熱中症の経験が重症化を防ぐこともあります。
全てはさじ加減と準備の問題です。

温度や湿度の基準もそうですが他にも様々な要因はあります。
いくつかの種類の人工芝は高温になりやすいですね。

とんでもない指導や指導者を是認するわけにはいきませんが、困難な中での仕事に対する柔軟な対処や思考の経験を奪うこともまた良くないのではないかと思います。

つづきを読む

違反報告

コーチに熱中症対策を徹底していただきたい

あおい

学校の部活や合宿で、35度を越す暑さの中、一日中試合をさせられました。 幸い、病院のお世話にはなりませんでしたが、帰宅してから翌日まで体調が悪く...

学校の部活や合宿で、35度を越す暑さの中、一日中試合をさせられました。
幸い、病院のお世話にはなりませんでしたが、帰宅してから翌日まで体調が悪くなりヒヤヒヤしました。高温注意報がでる中、無理に部活などをしないでもらいたかった。
今の親世代の夏気温よりずっと暑くなり、現代の夏の気温はひるまに屋外スポーツをやる気候ではないのでは?
やる気を高温注意報の中で評価するようなコーチがでないようどうか政治的にも改善をしていただきたい。
犠牲者が出る前にどうか、子どもたちを助けてやってほしい。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事