文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

地震で停電した国立循環器病センター、電気事業法違反が判明…経産省立ち入り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 大阪北部地震で国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)が3時間にわたって停電した問題で、経済産業省の中部近畿産業保安監督部は4日、電気事業法に基づき、同センターに立ち入り検査を行った。

 同センターでは6月18日の地震発生後、全館が停電。自家発電機と非常用バッテリーが作動したが、途中で自家発電機からの送電が止まり、復旧に約3時間かかった。

 その後の同センターの調査で、毎年1回、全館を停電状態にして行う電気設備の点検を5年以上怠り、同法に違反していたことが判明。報告を受けた同監督部が事実を確認するため、立ち入った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事