文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

のど・口から来る病(4)上咽頭の炎症 頭痛の原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
のど・口から来る病(4)上咽頭の炎症 頭痛の原因

田中さんから上咽頭の治療を受けるE子さん

id=20180705-027-OYTEI50000,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

 鼻の奥とのどが合流する 上咽頭じょういんとう 。ここに慢性的な炎症があると体の様々な不調や病気につながることがわかってきた。

 大阪市の事務職員E子さん(25)は中学2年生の頃から頻繁に起きる頭痛に悩まされてきた。季節の変わり目や天候で気圧が変化したり、エアコンで室温が上下したりすると、症状が悪化し、ひどいと吐き気も催した。痛みがなくても、常に頭が重い状態が続く。市販の鎮痛薬を服用していたが、効果はなかった。

 我慢するしかないと諦めかけていた4年ほど前、慢性上咽頭炎の治療で頭痛が改善することを口コミで知った。ただし、この治療は一時的にのどに激しい痛みを伴う。受けるかどうか迷ったが、「長年悩まされている頭痛から解放されるなら」と踏み切った。

 この治療をてがける田中耳鼻咽喉科(大阪市福島区)を受診。治療は、鼻から入れた内視鏡で炎症を確認しながら、薄い塩化亜鉛溶液を染みこませた綿棒を上咽頭にこすりつけ、炎症を沈静化させる。重い患者ほど治療時の出血と痛みが激しいとされる。E子さんものどに激痛を感じ、綿棒も赤く染まった。だが、治療後、不思議とあれだけ悩まされてきた頭痛が「すっきりした」。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事