文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

老いをどこで 第2部

連載

[老いをどこで]地域「団地の高齢化」(下)仲間と交流盛ん 介護いらず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

スポーツなど活動多彩

[老いをどこで]地域「団地の高齢化」(下)仲間と交流盛ん 介護いらず

緑に囲まれた公園で、老人クラブの仲間とグラウンドゴルフを楽しむ我妻さん(中央)(横浜市旭区の横浜若葉台団地で)

 「団地」といえば、住民の高齢化が大きな課題だが、横浜市内には高齢化にもかかわらず、介護が必要なお年寄りが他の地域より少ない団地があるという。いったいどんな団地なのか、秘密を探った。

 都心から電車とバスで約1時間。平日の午前9時、横浜市旭区の横浜若葉台団地に着くと、樹木に囲まれた公園で70人以上の高齢者がグラウンドゴルフを楽しんでいた。その隣のテニスコートでは、20人ほどがプレーする。笑い声やかけ声が飛び交い、にぎやかな雰囲気に包まれていた。

 「とにかく元気なお年寄りが多いんだよ」

 団地に10ある自治会を束ねる「若葉台連合自治会」の山岸弘樹会長(71)は胸を張る。

 同団地は1979年に入居が始まった。都心などで働くサラリーマン世帯が中心だった人口は、ピーク時の約2万人から約1万4000人に減少。65歳以上の割合を示す高齢化率は47.8%にのぼる。介護が必要になりがちな75歳以上の割合は21.4%で、全国平均より7.4ポイント高い。

id=20180704-027-OYTEI50004,rev=4,headline=false,link=true,float=right,lineFeed=true

 にもかかわらず、団地には元気な高齢者が多い。市によると、介護が必要な高齢者の割合を示す「要介護認定率」は、同団地では12.2%。全国平均より5.8ポイント低い。

 神奈川県住宅供給公社などが昨年、団地の高齢者を調査したところ、「スポーツの会に参加する人」の割合は46.7%、「趣味の会に参加する人」の割合は56.7%と、いずれも横浜市の平均より約17ポイント高かった。報告書は「団地の環境や施設、住民のつながりを広げる活発な活動が、要介護認定率の低さに結びついている」と分析している。

 グラウンドゴルフを楽しんでいた 我妻あがつま 文朗さん(80)は約10年前から、週に3回、活動に参加している。「体を動かしながら大きな声を出し、仲間と冗談を言い合うのが楽しい」と話す。今年4月からは老人クラブの会長も務める。カラオケや映画観賞などのサークルにも参加し、「現役時代より忙しい」と笑う。

 我妻さんは仙台市出身の元会社員。都内で社宅暮らしだった30歳代の頃、分譲広告を見て応募し、79年に家族4人で入居した。

 団地は90ヘクタールの敷地に10か所の公園やプールがあり、スポーツに親しみやすい環境だ。入居当初は、最寄り駅までのバス便が少なく、増便を働きかけるために住民が結束したという。「不便な“陸の孤島”だったからこそ、住み心地を良くするために住民活動や交流が盛んになった」と連合自治会の山岸会長は振り返る。

 連合自治会と住民で作るNPO法人が運動会、文化祭などを開催。同法人が太極拳や卓球、中国語などを学べる教室も開いている。同団地で高齢者の相談を受け付ける「若葉台地域ケアプラザ」の池田智恵子所長は、「仲間とつながり、スポーツや余暇活動をすることが、自然と介護予防につながっている」と話す。

 団地に一人で暮らす女性(84)は「つながりがないと、さみしい」と、グラウンドゴルフを楽しみ、公園の清掃ボランティアにも加わる。

 買い物は団地内を無料で走るコミュニティーバスに助けられている。ただ、重い荷物を手にした帰りは利用するが、健康のため行きは徒歩だ。1日3000歩を目標に室内でも歩くよう心がけているという。女性は「元気であれば、この団地で仲間と笑いながら暮らし続けられる」と話す。

 住民同士のつながりと街への愛着を育むことが、健康な街づくりに必要なようだ。

  [記者考]潜在的な力

 建物が老朽化し、高齢者ばかりが暮らす“限界団地”。そんなイメージを抱いていたが、歩いてみると、今の住まいに愛着を持つ人にたくさん出会えた。

 入居が始まった半世紀前は、地縁や血縁のない人々の寄せ集めだったかもしれない。でも、子育て時代のつきあいや掃除などの共同作業を通じて、他人同士の結びつきが生まれやすい場所でもあったはずだ。

 高齢化が進み、家族に頼れない人が増える中、他人同士の助け合いがますます重要になる。住み慣れた地域で暮らし続けたいという住民の願いをかなえるためには、弱まりつつあるつながりを結び直すことが必要だ。住民の努力と、ちょっとした下支えがあれば、それはできる。団地が持つ潜在的な力を感じた。(粂)

 (この連載は、社会保障部・粂文野、野口博文が担当しました)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

連載の一覧を見る

老いをどこで 第2部

最新記事