文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

老いをどこで 第2部

連載

[老いをどこで]地域「団地の高齢化」(中)独居住民 「保健室」で相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

看護師ら常駐 憩いの場に

[老いをどこで]地域「団地の高齢化」(中)独居住民 「保健室」で相談

 住民の急激な高齢化で住民同士の支え合いが難しくなる団地は多い。独り暮らしの高齢者が気軽に立ち寄り、ちょっとした不安や体の不調について相談できる場所を作ることで、新たな交流や支え合いを生み出す動きが各地で広がっている。

 「1人で食べるよりにぎやかでいいわね」「いつもはこんなにゆっくり食べないわよ」。東京都新宿区の都営団地「戸山ハイツ」。団地内の商店街の一角にある「暮らしの保健室」で、高齢の女性たちが昼食を楽しんでいた。

 保健室は、7年前に空き店舗を改装してオープン。住民の健康や生活の困り事相談などを受けてきた。運営は区内のNPO法人が行い、平日の日中、看護師や住民ボランティアなど30人が交代で常駐する。月2回の昼食会のほか、マッサージやヨガ教室も開かれる団地のたまり場だ。

 同団地は35棟に約3400世帯が暮らし、65歳以上の割合を示す高齢化率は54.7%に達する。世帯の4割を占めるのが独り暮らしだ。

 「ここがあるからやっていける」と話す安達恵子さん(74)もその一人。40年以上前に家族で入居した後に離婚し、息子2人が自立した。同じ棟のご近所と声をかけあって暮らす。

id=20180703-027-OYTEI50005,rev=2,headline=false,link=true,float=right,lineFeed=true

東京都新宿区の戸山ハイツにある「暮らしの保健室」で、ボランティアらが手作りしたサバカレーを食べる住民たち

 保健室との出会いは3年前。通りがかりに声をかけられて立ち寄った。当時はマンション清掃の仕事が忙しく、「元気だから相談事もない」と思っていたので、たまに足を運ぶ程度だった。

 ところが昨年、足の病気で歩けなくなり、仕事を辞めざるを得なくなった。

 「これからどうすれば」

 気落ちして保健室に相談に行くと、看護師やボランティア、ここで知り合った顔なじみが励まし、病院や福祉制度の情報も教えてくれた。

 「不安になったら相談すればいいと思い、安心できるようになった」と笑顔を見せる。今は幸い歩けるようになり、4月からは週1回、保健室の清掃ボランティアとして支える側にも回るようになった。

 急激な高齢化と独り暮らしの増加を迎える団地では、徐々に人間関係が希薄になりがちだ。高齢期は健康や生活面での不安も増えるため、家族に代わって相談を受ける場や、住人同士が出会うきっかけを作ることが大切になる。

 保健室を運営する看護師の秋山正子さん(67)は「医師の診察や訪問が必要になるもっと前から、病気や生活のことを相談できる場所が必要。そうした場所を増やせば、地域での生活を支えることができる」と話す。住民の相談を受け付けるだけでなく、在宅医療や介護の勉強会も開く。

 保健室ができてからも住民の高齢化は進み、自治会の清掃活動ができなくなるなどの課題も増えた。

 ただ、住民の団地への愛着は強い。東京家政大女性未来研究所が2015年に同団地の住民に行った調査では、回答した1069人のうち7割弱が、「高齢化で共同での清掃作業ができなくなった」などの困り事があると回答したが、「ずっと住み続けたい」と回答した人は約9割いた。

 調査結果を受けて、今年5月、住民自身が手がける新しい介護予防事業が始まった。週1回、団地内に集まり、体操教室を開く。運営には調査を担当した同大の松岡洋子准教授と保健室も協力する。

 松岡准教授は「住み慣れた地域で暮らし続けたいという思いは、古い団地の住民だからこそある。住民を支える側、支えられる側に分けず、みんなで元気になるきっかけづくりをすることで、団地は住みやすい場になる可能性がある」と話している。

医療や介護の拠点に

 高齢者が多く住む団地を拠点に、医療や介護を含めて、その地域全体の高齢者の生活を支援しようという動きが広がっている。

 UR都市機構が管理する東京都板橋区の「高島平団地」では、2016年から区医師会や地域包括支援センター、訪問看護ステーションが共同で拠点を作り、療養相談などを行っている。東京都健康長寿医療センターも連携し、昨年からは認知症の人や家族などが集える居場所も運営している。

 1970年代前半に入居が始まった多摩ニュータウン(東京都多摩市など)でも、商店街に2016年10月、「見守り相談室」ができた。高齢者の介護相談を受け持つ同市の地域包括支援センターも併設され、住民が立ち寄って気軽に生活相談ができるようになっている。高齢者のいる約5000世帯を訪問して生活状況を把握し、必要な場合には、住民ボランティアによる見守り活動も行っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

連載の一覧を見る

老いをどこで 第2部

最新記事