文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いつか赤ちゃんに会いたいあなたへ

コラム

1人目よりも孤独…2人目不妊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
イラスト:西島秀慎

イラスト:西島秀慎

 「2人目不妊」という言葉をご存じですか? 1人目はいるけれど、なかなか2人目に恵まれない状態で、専門的には「続発性不妊症」といいます。

 2人目不妊には、「1人目は自然に妊娠・出産できたのに、次の子どもがなかなか授からない」ケースと、「不妊治療で1人目を授かり、次の子もと思って治療を始めたものの、2人目には恵まれない」ケースがあります。最近は2人目不妊の治療を求める人がクリニックでも増えているそうです。

1人目がいるから、「できない」と言えない

 出版社でパートタイムをしているYさん(43歳)は37歳で結婚。不妊治療のために39歳から病院に通い始め、3年後に女の子を出産しました。

 夫は、かわいい娘の姿を写真とビデオで撮っては田舎の親に送ります。親の側も初孫とあって、「『いらない』と言っても、山のようにおもちゃや洋服を送ってきて…」と、Yさんには、半ばうれしい悲鳴の日々でした。

 ところが、子どもが1歳になった頃から、「次の子どもはどうするの?」という言葉が付いてくるようになりました。「不妊治療のことを話していなかったので、次も自然にできると思われているみたい…」。Yさんは、今は、親と会うことがつらくなっています。

 看護師のHさん(32歳)は、26歳の時に授かり婚で最初の子どもを出産。その後は、避妊をしていました。子どもが3歳になり、「そろそろ次を…」と思い、避妊をやめました。ところが、3年過ぎても妊娠しません。部署を異動させてもらい、仕事もセーブしたつもりでしたが、かないません。

 「周囲から『あまり年が離れないうちがいいよ』などと言われ、『わかってる!』と心の内では思います。でも、『なかなかできないから』とも言えないし…」。一番つらいのが、子どもからの質問です。「どうしてうちには妹がいないの?」と聞かれるたびに、子どもにも寂しい思いをさせているのかと切なくなる――Hさんは、そう言って、涙をこぼしました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

meet-baby_title2-200

松本亜樹子(まつもと あきこ)

NPO法人Fine理事長/国際コーチ連盟認定プロフェッショナルサーティファイドコーチ

 長崎市生まれ。不妊経験をきっかけとしてNPO法人Fine(~現在・過去・未来の不妊体験者を支援する会~)を立ち上げ、不妊の環境向上等の自助活動を行なっている。自身は法人の事業に従事しながら、人材育成トレーナー(米国Gallup社認定ストレングス・コーチ、アンガーマネジメントコンサルタント等)、研修講師として活動している。著書に『不妊治療のやめどき』(WAVE出版)など。
Official site:http://coacham.biz/

いつか赤ちゃんに会いたいあなたへの一覧を見る

最新記事