文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

厚労省、自殺対策を強化…IP電話での相談受け付けも開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 厚生労働省は自殺対策強化の一環として、新たにIP電話での相談受け付けを始めた。インターネット回線を使って音声を伝えるIP電話は、電話回線よりも割安に利用できるためだ。悩みを抱える人が相談しやすいようにする狙いがある。

 厚労省が今年3月の自殺対策強化月間中、IP電話対応の相談窓口を開設したところ約140件の相談が寄せられた。これを踏まえ、「社会的包摂サポートセンター」と「日本いのちの電話連盟」の民間2団体に依頼して4月以降も相談窓口を用意することにした。

 社会的包摂サポートセンター(050・3655・0279)は24時間対応で、日本いのちの電話連盟(03・6634・7830)は毎月10日午前8時~11日午前8時に受け付けている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事