文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

教えて!ヨミドック

ニュース・解説

ケガをしない靴選びとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

爪先、かかと、靴底に注目

ケガをしない靴選びとは?
id=20180625-027-OYTEI50016,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

   かっこいい靴を見つけたんだけど、ピッタリのサイズがなかったよ。近いサイズの靴でいいかな。

  ヨミドック  それはいけません。靴が合っていないと、体に様々な不具合が生じますよ。

   どういうこと?

   まずは靴擦れです。履き口が合わないときは、くるぶしやかかと、靴の幅が狭いときは親指や小指に靴擦れが起こりやすいです。 扁平へんぺい 足の人は、土踏まずにできることもあります。

   他には?

   足と靴が一体化していないと、つまずいて転倒しやすくなります。幅がゆったりしすぎた靴を履き続けると、足の骨のアーチ形が崩れ、歩行時の衝撃が吸収しにくくなります。合わない靴を無理に履くと、体のバランスが崩れ、足首や膝、股関節に痛みが出ることもあります。

   靴選びは大切だね。何に注意すればいいの。

   ウォーキングで使うなら、ひもなどで足の甲を固定できる靴がいいですね。爪先部分は、指が少し動かせるゆとりが欲しいです。目安は約1センチ。かかとはある程度の硬さがあり、簡単につぶれないこと。かかとをしっかり支えることで、すねの筋肉の負担を減らせます。靴底が指の付け根付近で曲がると、蹴り出しやすくなります。

   やっぱり軽い靴の方がいいのかな。

id=20180625-027-OYTEI50017,rev=2,headline=false,link=false,float=right,lineFeed=true

   陸上のトップ選手や、高齢で足を上げるのが大変な人には軽い靴もいいでしょう。ただ、普通に歩く目的なら、一定の重量がある靴をお薦めします。軽量化すると、衝撃吸収性や耐久性などが犠牲になることも多いからです。

   一流のスポーツ選手の靴は多機能なんだろうな。

   いいえ。優れた身体機能を生かすため、一流選手の靴には限られた機能しか付いていません。むしろ一般のスポーツ愛好家向けの方が、ケガをしないようにサポートする機能が盛り込まれています。

   よし、買ったらすぐに旅行に履いていこう。

   待ってください。長時間履く前に、足になじませておきましょう。靴によるトラブルを減らせます。

 (森井雄一/取材協力=田中尚喜・JCHO東京新宿メディカルセンターリハビリテーション士長、森安健太・アシックススポーツ工学研究所フットウエア機能研究部マネジャー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

教えて!ヨミドックの一覧を見る

最新記事