文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

本ヨミドク堂

コラム

『てんかん専門医の診察室から 病気と共生するために』 田中正樹著

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
『てんかん専門医の診察室から 病気と共生するために』 田中正樹著

 事例をもとに症状から患者と家族の悩み、日常生活での注意点、発作時の周囲のアドバイスなどを解説している。

 患者数が100万人ともいわれるてんかんは、突然意識を失うイメージが強い。しかし発作は、胸がむかつくだけだったり、手が意思と無関係に動いたりと多様だ。発作中に意識があることもあれば、はっきりしないこともある。薬で発作が止まる患者がいれば、薬だけでは治まらない患者もおり、就職や結婚、出産ができるか悩む患者が多い。

 著者は、病名の漢字に「狂う」という意味が含まれ実態に合わないと、変更を提案している。

 (星槎大学出版会 1800円税別)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

本ヨミドク堂

本ヨミドク堂
ヨミドクター編集室が注目する新刊書を紹介します。医療、健康、介護、福祉関連の書籍を幅広く取り上げていきます。

本ヨミドク堂の一覧を見る

最新記事