文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

健康・ダイエット

カブ卵スープ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、カブの実も葉も楽しむ「カブ卵スープ」のレシピのご紹介です。

 カブは冬野菜ですが、ハウス栽培が盛んな日本では、冬と正反対の今の時期に出回ることが多くなります。確かに寒い冬から半年過ぎた今の時期に、カブを見かけると食べたくなりますよね。カブの軟らかな食感は漬物によく合います。スープに入れてもおいしいのがカブのすごいところです。今回はさつまあげも入れて、コクをプラスしてスープを作ります。

 カブには消化酵素のアミラーゼが含まれています。胃もたれや胸やけに効果があります。葉にもβ‐カロテン、ビタミンC、鉄、カルシウムなどが含まれていますので、葉も大切に使いましょう。夏の食欲不振に役立つ「カブ」をおいしくいただきましょう。

[作り方]

(1) 鍋に水と乾燥昆布を入れて沸騰させる。野菜を切る。カブはいちょう切り、葉は短冊切り、さつまあげも短冊切りにして、沸騰した鍋に入れる。

(2) カブに火が通ったら(A)の調味料を入れて、味の調整をする。

(3) 仕上げに溶き卵を流し入れて、ゴマをかけて完成。

 (レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事