文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いつか赤ちゃんに会いたいあなたへ

コラム

「男だって、不妊がつらい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

イラスト:西島秀慎

 仕事柄、さまざまな業種の人たちとお会いすることが多いのですが、「NPO法人で不妊体験者の支援活動もしています」と自己紹介すると、必ずあとで、「実は、私も妊活中で……」とか「妹が病院を探していて……」と話しかけられます。しかも、そうやってくるのは、圧倒的に男性なのです。

 最初は、言いづらそうに、ぼそっと「今、病院に行っていまして……」と切り出します。「あ、そうなのですね」とまるで天気の話のように答えると、今度はせきを切ったかのように話し続けたり、質問を重ねてきたりします。そして、最後に必ずこう付け加えるのです。「こういうことを話せるところが、なかなかなくて」――。

原因は自分だった、と知って悩む

 金融業に勤めるYさん(37)は、妻が不妊治療を始めても、自分は病院には行きませんでした。妻はついてきてほしそうでも強く求めなかったし、「レディース」と名のつく「女性ばかりのところ」に行くのには抵抗があったからだそうです。

 しかし1年たっても妊娠しないので自分が検査を受けたところ、男性不妊とわかりました。すぐに顕微授精に進み、幸い2回目で妊娠・出産に至りました。

 IT企業のエンジニアをしているKさん(40)は、結婚2年目に3歳年上の妻に子づくりを持ち出されました。その時には「まだいいよ」と先送りにしたそうです。

 それから3年過ぎ、「そろそろいいか」と思っても、一向に妊娠の気配がありません。妻が訪ねた病院から「旦那さまも来てください」と言われて赴くと、「軽度の男性不妊」と言われました。すぐに治療を始めたのですが、2年たった今も、まだ妊娠に至っていません。

 「妻が年齢のことを気にして、毎日悩んでいる。自分がもっと早く本気で考えていれば……」と語るKさんは、つらそうな表情をしていました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

meet-baby_title2-200

松本亜樹子(まつもと あきこ)

NPO法人Fine理事長/国際コーチ連盟認定プロフェッショナルサーティファイドコーチ

 長崎市生まれ。不妊経験をきっかけとしてNPO法人Fine(~現在・過去・未来の不妊体験者を支援する会~)を立ち上げ、不妊の環境向上等の自助活動を行なっている。自身は法人の事業に従事しながら、人材育成トレーナー(米国Gallup社認定ストレングス・コーチ、アンガーマネジメントコンサルタント等)、研修講師として活動している。著書に『不妊治療のやめどき』(WAVE出版)など。
Official site:http://coacham.biz/

いつか赤ちゃんに会いたいあなたへの一覧を見る

最新記事