文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

脳卒中 最新事情(1)難解な脳ドック報告書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
脳卒中 最新事情(1)難解な脳ドック報告書

リハビリを兼ねて、通勤途中に階段を利用する細川さん(名古屋市で)

 名古屋市の会社員細川貴司さん(50)は2013年11月、会社のセミナーであいさつ中、言葉が突然出なくなった。意識が遠のく中、同僚が救急車を呼ぶ声が聞こえた。脳出血だった。リハビリを地道に続けているが、後遺症で右半身に軽いまひが残った。

 高次脳機能障害にも苦しんだ。例えば、トイレで温水洗浄便座に座り、お尻を洗うマークを見ても、何のボタンなのか分からない。

 「幼稚園児に戻り、一つ一つ経験しながら覚えていく感じ」に落ち込み、「うつになって死にたいと思うこともあった」と振り返る。

 実は倒れる半年前、脳ドックを受けた。人前で話す機会が多かったが、言葉が出にくいと感じていた。この違和感に脳が関係していると思い、詳しく調べようと思った。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事