文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

シニアニュース

ニュース・解説

認知症で行方不明届け出、最多の1万5863人…2017年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 警察庁は14日、昨年1年間に全国の警察に届け出のあった認知症の行方不明者は前年比431人増の1万5863人で、過去最多だったと発表した。2012年の統計開始以来、5年連続の増加となる。

 同庁によると、認知症の行方不明者のうち、55・8%にあたる8851人が男性で、女性が7012人。都道府県別では大阪の1801人が最多で、埼玉1734人、兵庫1396人、愛知1341人、東京1284人の順だった。

 昨年中に所在確認された行方不明者は、16年以前に届け出のあった125人を含む1万5166人。所在確認までの期間は、届け出を受理した当日(72・7%)、2~7日(26・6%)が大半を占めた。行方不明中に列車にはねられたり、側溝に転落したりするなどして死亡したのは470人だった。無事に発見された行方不明者の99・3%は、1週間以内に発見されており、早い段階での対応が命を救うカギとなっている。

 警察庁は「素早い対応が、無事につながる。今後も自治体などとの連携を深めていきたい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

シニアニュースの一覧を見る

最新記事