文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

がん検査薬、競合他社の参入妨害で立ち入り検査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 がん診断などに利用されるPET(陽電子放射断層撮影)検査の検査薬を製造・販売する医薬品メーカーの日本メジフィジックス(東京)が、競合他社の新規参入を妨害したとして、公正取引委員会は13日午前、独占禁止法違反(私的独占)の疑いで同社に立ち入り検査に入った。

 PET検査薬を患者に注入する際には、特殊な装置が使われる。PETの検査薬の製造・販売は、長年、メジ社が独占状態を続けていたため、装置メーカーが開発し、各地の医療機関に設置される装置は、メジ社の検査薬を想定した規格になっている。

 関係者によると、PET検査薬を新たに開発した新規参入業者は数年前、装置メーカーに自社の検査薬も使えるよう、規格の改造を要請。メーカーは了承し、メジ社にも了解を求めたが、メジ社は拒否し、メーカーに改造を断念させた疑いがある。

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事