文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

教えて!ヨミドック

ニュース・解説

身長を伸ばすには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

まず睡眠 体重も増やす

身長を伸ばすには?
id=20180612-027-OYTEI50002,rev=3,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

   近所の小学生が「両親が小柄だから背が伸びないかも」と心配しているよ。

  ヨミドック  確かに遺伝的な影響はあり、両親の身長から成人身長の目安(目標身長)を予測する方法もあります。でも、それはあくまでも目安。生活習慣も伸びを左右するのです。

   そもそも身長は、どう伸びるの?

   4歳ぐらいまでの乳幼児期はぐんぐん伸び、生まれた時の約2倍になります。その後、思春期までの期間(前思春期)の伸びは年5~7センチとゆるやかです。最後の伸び盛りである思春期は始まりに個人差があり、女子は平均10歳、男子は同11歳半です。平均期間は男子約5年、女子約4年で、ピーク時は男子は年約9~10センチ、女子は年約8センチ伸びます。成人身長に達して思春期が終わります。

   それぞれの時期で気をつけたいポイントは?

   乳幼児期に小食だと伸び悩む傾向がありますが、対策は難しいです。前思春期や思春期は、成長に関わるホルモンの分泌を妨げない生活習慣がカギです。

   理想的な生活は?

   「寝る子は育つ」と言うように、まずは十分な睡眠です。睡眠が5、6時間と短いと成長が鈍くなります。寝る前の高血糖も成長ホルモンの分泌を妨げます。夜食の糖分は控えめに。

   ほかにポイントは?

id=20180612-027-OYTEI50003,rev=5,headline=false,link=false,float=right,lineFeed=true

   身長を伸ばすために最も大切な栄養素はたんぱく質です。ごはんや麺類のみで済ませず、魚や肉、大豆製品も食べましょう。運動は、骨の成長を促し、食事や睡眠にも良い効果があります。部活などでスポーツに本格的に打ち込む子どもは特に、身長と体重の変化をチェックしてください。

   体重も?

   体重がほぼ変わらなかったり、減ったりしている場合は、身長の伸びも悪くなります。成長に必要なエネルギーの不足で、思春期のピークを迎えずに成長が止まってしまうことがあります。運動量に見合うエネルギーを食事から摂取して、筋肉や骨を育てることが大切です。とにかくしっかり食べましょう。

 (中島久美子/取材協力=田中敏章・たなか成長クリニック院長、松田貴雄・国立病院機構西別府病院スポーツ医学センター長)

 ヨミドックは読売新聞の医療サイト・ヨミドクターのお医者さんキャラクターです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

教えて!ヨミドックの一覧を見る

最新記事