文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

田代由紀子のアスリートレシピ

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット

サバ缶とエノキタケの炊き込みご飯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 今週は、手軽に常備できる缶詰を使ったレシピをご紹介します。

 今回ご紹介する缶詰は、「サバの水煮缶」です。魚の缶詰は、家庭では難しい調理方法で加工されます。生の魚と調味料を缶に詰め、密封した状態で加熱調理します。密封状態なので、酸素に触れることがないため、魚に含まれる脂肪酸の酸化が最小限に抑えられます。また、通常は捨ててしまう骨も軟らかいため、魚の栄養を無駄なく摂取することができます。

 魚の脂肪酸の一つであるEPA(エイコサペンタエン酸)は、血液の状態を健康に保つ作用があります。特に血栓をできにくくすることから「血液さらさら」効果があると言われ、動脈硬化や心筋梗塞の予防が期待されています。また、血液がスムーズに流れるという作用のため、赤血球が全身に運ばれるので、持久力アップ、疲労の軽減などアスリートにも注目されています。

 今回は、糖質も一緒に取れるよう、炊き込みご飯にしました。サバ缶を煮汁ごと全て使うので、無駄なく栄養が取れます。

[作り方]

(1) サバ缶を身と煮汁に分ける。

(2) エノキタケを1/3の長さに切り、ほぐす。

(3) 米を研ぎ、サバ缶の煮汁と水、しょうゆを加える(サバ缶の煮汁と水、しょうゆで、通常の水加減になるようにする)。

(4) (3)にサバ缶の身とエノキタケをのせて、炊飯する。

 (レシピ作成 アスリートフードマイスター 田代由紀子)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

プロフィール田代_100

田代由紀子(たしろ ゆきこ)

アスリートフードマイスター、野菜ソムリエ、正調理指導師
スポーツを楽しむための体作りに必要なメニューを提案。簡単、時短、料理が楽しくなるレシピ作りを心がけている。自治体、企業へのレシピ提供、料理教室講師も行う。料理教室「オレンジキッチン」主宰。
ホームページ:Orange Kitchen -cooking studio-(オレンジキッチン クッキングスタジオ)

chourishidou_logo

田代由紀子のアスリートレシピの一覧を見る

最新記事