文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

書籍紹介

もっと知りたい認知症

『認知症は接し方で100%変わる!』 吉田勝明著

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 2025年には高齢者の約5人に1人がなると言われる認知症。妄想や暴言を起こすケースもあり、つい叱ったり、どなったりしてしまうなど、対応に戸惑う家族は少なくない。認知症の診療に長く携わる医師が、症状の改善にもつながる適切な接し方を一冊にまとめた。

 言葉の通じない外国で道に迷えば、誰でも不安になる。そこに、心配して親身に話を聞いてくれる人が現れたら、不安は和らぐだろう。できることが減っていく認知症の人の気持ちにも同様の面がある、と著者は説く。

 家族など支える人に対しては、認知症の人に優しく声をかけ、「不安や興奮の原因を一緒に探るように」と助言する。さらに「話が上手」「片づけがうまい」などと、できることに着目してほめれば、「認知症の人が自尊心を取り戻すことにつながる」という。

 各症状への対応方法も詳しい。(1)「物を盗まれた」と訴える妄想には、訂正したくなる気持ちを抑え、一緒に探す(2)家の中を歩き回る徘徊はいかいには、一緒にしばらく歩き、落ち着いたら部屋に誘う――などと具体的だ。

 認知症の人が快適に暮らせるよう、家族らが相手に共感し、工夫することが、お互いに穏やかに暮らす秘訣ひけつだと実感させられる。(IDP出版、1400円税別)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

書籍紹介の一覧を見る

<PR情報>

最新記事