文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

回想ニュース

回想サロン

被災地、岩手・宮古で回想法…アンケート調査に「懐かしい」「明るくなる」の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

岩手県内外の約50人を前に講演する野村豊子客員教授(3日、宮古市で)

 岩手県宮古市内で「回想法」に基づく活動を続けるボランティアグループ「もやいの会」で、社会福祉を専門とする日本福祉大の野村豊子客員教授らが6月3日、活動の効果などを調べた研究の成果を報告しました。

 回想法は思い出を振り返り、他人と語り合うことを通じ、認知症防止や人生の活力づくりを目指しています。野村客員教授が岩手県立大教授だった15年ほど前に紹介、同会による活動が始まって、野村客員教授らは来年度までの4年間、研究を行っています。  

 研究の参加者の大半は女性で、70歳代が半数を占めました。アンケートなどによると、ほぼ全員が満足しており、「懐かしい」「楽しい」という反応が多かったといいます。東日本大震災による災害公営住宅暮らしの参加者からは「震災後、知り合いに同会で偶然会えた」「こういう集まりがあると明るくなる」という声が寄せられました。

 野村客員教授は「活動の効果が研究によって明確化した」と語り、同会事務局の舛沢実登子さん(70)は「活動は自分にとっても楽しいので、これからも続けたい」と話していました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

回想ニュースの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事