文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健康ニュース

ニュース・解説

ダニ鼻炎の免疫療法、5歳から…早期治療で効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 ダニアレルギー性鼻炎の患者がダニエキスを口から摂取して体を慣らす治療について、厚生労働省は従来12歳以上だった対象年齢の拡大を承認し、原則5歳以上の使用が可能になった。

 季節を問わず発症する通年性アレルギー性鼻炎は、ダニが主な原因。くしゃみや涙などが出にくくなるよう体を慣らす「 舌下ぜっか 免疫療法」が行われている。ダニエキス入りの錠剤を1日1回、舌の裏側で溶かした後にのみ込む。初回服用時に医師の指導を受けた後、3年以上服用すると7割の患者に効果があるとされる。2015年に保険適用されたが、誤飲の恐れなどから対象は12歳以上とされていた。子どもの発症が多く、早期に治療するほど効果が高いとされる。5歳以上の子どもを対象とした国内の臨床試験で治療の安全性が確認され、対象年齢の拡大が認められた。ただし、5歳未満への安全性は未確立としている。日本アレルギー学会も、先月発行した治療の手引に治療開始年齢引き下げを盛り込んだ。

 手引の作成委員長で埼玉医科大学病院の永田真・アレルギーセンター長は「ぜんそくを合併した患者の症状改善や、ほかの物質によるアレルギーの予防も期待できる」と話す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健康ニュースの一覧を見る

最新記事