文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

73歳夫 会話のような寝言

 1年ほど前から、73歳の夫が寝言を言うようになりました。世間話や説教、訓示など、笑ったりどなったりして会話のようです。突然起きて、壁やふすまにぶつかったこともあります。病気ではないかと心配です。(71歳女性)

睡眠状態の検査が必要

塩見利明 愛知医科大学病院睡眠科教授(愛知県長久手市)

 高齢者にみられる寝言や、睡眠中の異常行動で最も考えられるのは、「レム睡眠行動障害」です。夢を見ることが多い「レム睡眠」の最中に、夢と連動した行動をすることが多いといわれています。女性に比べて男性に多くみられます。

 不快な夢を見ることも特徴の一つ。例えば、誰かと口論する夢を見てどなり声を上げたり、猛獣に追われる夢を見て手足をばたつかせたりします。

 最近では認知症のひとつ、レビー小体型認知症の前ぶれの症状とも考えられ、特に、においが分からなくなる嗅覚障害や、誰もいないのに人などが見える幻視などの症状が出てきたら、神経内科や認知症の専門医を受診してください。

 症状の多くは、薬物療法で和らぎます。レム睡眠行動障害の可能性が考えられる場合、確定診断には、寝ている間の睡眠の状態を調べる検査が必要です。検査ができる医療機関を紹介してもらうことをお勧めします。

 家庭ではケガやパートナーへの危害を防ぐことを優先しましょう。寝室を別にする、寝室の障害物を片づける、ベッドではなくマットを使い、低い位置で寝るようにする――など工夫してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額200円(税抜き)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。