文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

お笑い、がんに効果?落語・漫才鑑賞が免疫に好影響…大阪国際がんセンター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 落語や漫才などをがん患者に見てもらったところ、免疫力を高めるたんぱく質を作る能力が向上したと、大阪国際がんセンター(大阪市)が29日、発表した。吉本興業(同)などと行った「笑い」に関する実証研究でわかったという。

 実証研究は昨年5~8月、同センターの病院内に設けた舞台で、桂文枝さんやオール阪神・巨人さんらの落語や漫才を隔週で見る患者のグループ(27人)と、見ない患者のグループ(30人)に分けて血液検査などを実施。がんを攻撃する役割を持つ免疫細胞「ナチュラルキラー(NK)細胞」の変化などを調べた。

 その結果、落語などを見たグループは2か月で、NK細胞を活性化するたんぱく質を作る能力が平均で1・3倍上がった。NK細胞自体も、増加する傾向があった。

 一方、見なかったグループにこうした変化はみられなかった。

 笑いの健康効果に関する研究は国内外で行われてきたが、医学的効果は未解明な部分が多い。同センターは今回の成果を論文にまとめて学術誌に投稿する。

 実証研究を行った同センターの宮代勲・がん対策センター所長は「実際にがん細胞にどう作用しているかなどについては、さらに検証が必要だ。ただ、患者さんの闘病を支えるうえで、笑いが有効である可能性は高まった」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事