文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

乳がん検診の「高濃度」通知 時期尚早…厚労省がQ&A集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

自治体に送付

 自治体が行う乳がん検診のマンモグラフィー(乳房エックス線撮影)で異常が見えにくい高濃度乳房について、厚生労働省は24日、「(受診者に)一律に通知することは望ましくない」とする文書を全国の自治体に送付した。

 自治体の乳がん検診は、高濃度乳房のため結果が判然としなくても、受診者には「異常なし」と伝えられることがある。乳がん患者らは、受診者が自分の乳房のタイプを把握して日頃から注意できるよう高濃度乳房の通知を要望していた。

 ただ、受診者に高濃度乳房と伝えても、マンモグラフィー以外に推奨できる検査方法がないとして、厚労省は一律の通知は時期尚早と判断した。超音波検査を併用すれば異常を見つけやすいとされるが、死亡率を減らせるかどうかは明確になっていないためという。

 一部の自治体では独自に通知しているが、受診者が病気と誤解するようなケースもあった。厚労省が配布した文書は同省研究班が作成したQ&A集で、正しく説明できるよう示したものだ。NPO法人乳がん画像診断ネットワークの増田美加副理事長は「一律通知を望ましくないとしながら、通知後の対応を示しても、正しい理解が進むとは考えられない」と批判する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事