文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

ES細胞普及へ…廃棄前の受精卵で作製、再生医療に新たな選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
ES細胞普及へ…廃棄前の受精卵で作製、再生医療に新たな選択肢

 京都大は22日、医療用に使えるES細胞(胚性幹細胞)の作製に国内で初めて成功したと発表した。7月頃から全国の医療機関などに提供を始める。ES細胞はiPS細胞(人工多能性幹細胞)と同様、様々な細胞に変化する「万能細胞」の一種。再生医療の新たな選択肢として、国内での普及を目指す。

 人のES細胞は京大が2003年、国内で初めて作製に成功したが、受精卵を壊して作るため倫理的な課題があるとされ、国は使途を基礎研究に限定。治療には使えなかった。

 海外で研究が進んだことを背景に、国は14年に新しい指針を策定し、医療用ES細胞の作製も認めた。

 これを受け、京大ウイルス・再生医科学研究所の末盛博文准教授らのチームは昨年に国の承認を得て、今月7日に作製した。ウイルスなどが混入しないよう厳格に管理した施設で作製したため、基礎研究用より、人に移植する際の安全性が高いという。

 今回、不妊治療で使われずに廃棄される予定の受精卵を夫婦の同意を得て譲り受けた。提供した足立病院(京都市)の畑山博院長は「受精卵が廃棄されると悲しむ夫婦は多い。治療に生かされるのなら夫婦も喜ぶだろう」と話した。

 チームは基礎研究用に作ったES細胞も有料で提供してきた。細胞約200万個入りの容器1個で3万~6万円だったが、医療用は、検査コストなどがかかるため、増額する考え。

 再生医療の研究では、海外で、ES細胞で目の難病や脊髄損傷を治す臨床試験(治験)が進んでいる。

 末盛准教授は「国内でもES細胞に関心を持つ研究機関は多い。提供体制を整えたい」と話している。

二つの万能細胞「両輪」に

病気やけがで失われた体の組織や器官を補う再生医療では、iPS細胞の臨床応用が国内で先行するが、ES細胞への期待も高まりつつある。二つの万能細胞は性質が似ているが、大きく異なる面もある。

 iPS細胞は、患者自身の細胞で作れる上、患者以外から作る場合も拒絶反応が少ない特殊な細胞をそろえられる利点がある。ES細胞にはこれらの利点はなく拒絶反応を抑える薬が必要になるが、海外では既に様々な病気に応用され、治験データも豊富だ。人為的に遺伝子を入れて作るiPS細胞より品質が安定しやすいとみる研究者も多い。

 ES細胞を使った研究では、国立成育医療研究センター(東京)で肝臓病の赤ちゃんを対象に、今秋にも治験が始まる。他に国内での計画はないが、ES細胞の治療データはiPS細胞にも生かせる。二つの万能細胞を再生医療の「両輪」と位置づけ、今後の発展につなげたい。(科学医療部 諏訪智史)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事