文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

すてきLIFE

コラム

[秋川雅史さん]80歳父の挑戦が励み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[秋川雅史さん]80歳父の挑戦が励み

撮影・林陽一

 父も声楽家で、私の最初の師匠です。80歳ですが、今年4月に地元の愛媛県西条市のホールで、ソロコンサートを開きました。古希(70歳)と喜寿(77歳)の節目のコンサートでは譜面を見ていたのに、傘寿の今回は、譜面台を置かず、初めての歌まで披露しました。

 私は歌い始めて36年たちますが、80歳までは30年もあります。自分が80歳になった時、今の歌声をキープできているだろうか。そう考えると、いろいろ衰えがある中でも、挑戦し続ける父の姿は励みになります。

 年を取ることは老いることではなく、成長していくことなのだと教わりました。自分ももっと成長しなければならないと思いました。歌のテクニックでは父を超えても、今も父を追いかけているんですね。

 自分は何のために存在しているのか、悩んだ時期もありました。人間は、社会に貢献するために生まれてきたと思うからです。農家は世の中の食を助け、会社員はそれぞれの仕事で、私たちの暮らしを豊かにしています。

 歌い手として、疲れて頑張れなくなった人たちに音楽というエネルギーを届けたいです。観客が感動し、「あしたからも頑張って働こう」と思ってくれた時に初めて、自分も「世の中の回転」に参加できていると思います。声を磨き続け、父のように一生、成長を続ける自分でいたいです。(野口博文)

 ◇ あきかわ・まさふみ  50歳。テノール歌手。国立音大大学院で学んだ後、イタリア留学。コンサートシリーズ「聴いてよく分かるクラシック2」が8月17日に東京・サントリーホールで開かれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

suteki-life

 
 

すてきLIFEの一覧を見る

最新記事