文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

【子どもを守る】学びの場で(3)アレルギー 地域で対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 大阪府大阪狭山市立北小学校4年の矢倉総一郎君(9)は毎朝、登校後すぐに職員室に向かう。黒いポーチと学校生活連絡ノートを教頭先生に預ける。ポーチには、呼吸困難など重いアレルギー症状が出た時に使うペン型の自己注射薬「エピペン」が入っている。  総一郎君は、小麦や卵、乳製品、魚のアレルギーを持つ。母親のひとみさん(40)は学校から配られる給食の献立と成分表を見て、食べられるかどうかをチェックする。  …

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事