文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

10代への使用解禁 「タミフル」とはどんな薬?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
10代への使用解禁 「タミフル」とはどんな薬?

中外製薬のホームページから

 厚生労働省が、インフルエンザ治療薬のタミフルについて、10歳代への原則使用禁止を解除する方針を決めた。タミフルはどのような薬だろうか。

 タミフルはA型とB型のインフルエンザを治療する経口薬だ。カプセルとドライシロップのタイプがある。ウイルスが、感染した細胞から別の細胞に拡散するのを妨害し、ウイルスの増殖を防ぐ作用を持つ。1日2回、5日間使用する。

2016~17年には国内300万人が使用

 スイスの製薬企業のロシュが開発した。国内ではカプセルは2001年から、ドライシロップは02年から販売が始まり、中外製薬(本社・東京)が販売を担う。16~17年の季節性インフルエンザに対しては、国内で年約300万人に使用されたと推計されている。

 インフルエンザの治療薬ではほかに、吸入薬のリレンザとイナビル、点滴薬のラピアクタ、服用回数が少なくて済むゾフルーザがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事