文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

iPS心臓病治療、厚労省部会了承…年度内にも阪大が実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
iPS心臓病治療、厚労省部会了承…年度内にも阪大が実施

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)から心臓の筋肉のシートを作り、重い心臓病の患者に移植する大阪大の臨床研究計画を、厚生労働省の再生医療等評価部会が16日、条件付きで了承した。今後、厚労相の承認を得て、今年度中にもiPS細胞を使った初の心臓病治療が始まる見通し。

 阪大の澤芳樹教授(心臓血管外科)らのチームが、学内の有識者委員会の審査を経て、3月に同省に計画を申請していた。

 計画では、京都大が備蓄する健康な人のiPS細胞の提供を受け、心筋細胞に変化させて直径数センチの円形シート(厚さ0・1ミリ)に加工。心筋 梗塞こうそく などで心筋の一部が機能しなくなった虚血性心筋症の患者3人(18~79歳)の心臓に、数枚ずつ貼り付ける。このシートは自ら拍動して心機能を補助し、心筋再生を促す成分も出す。弱った心臓の改善効果が見込めるという。

 iPS細胞を使う再生医療では目の難病治療が先行するが、今回は命に直結する心臓が対象で、移植する細胞数も目の400倍の約1億個とけた違いに多い。阪大は動物実験で安全性を確認したと説明するが、心筋細胞になり損ねた細胞が混じっていれば腫瘍や不整脈が生じる恐れがあるため、移植後1年間、安全性と有効性を慎重に調べる。

 部会では、現在の計画より重症の患者を対象にし、患者に対する同意文書も分かりやすく修正することなどを条件に計画を認めた。澤教授は東京都内で記者会見を開き、「重い心臓病患者が世界中にたくさんいる。この治療で一人でも多く助けられれば」と語った。

          ◇

【解説】安全性確保、徹底を

 iPS細胞を用いて重い心臓病を治療する大阪大の臨床研究計画が国の審査をパスし、1例目の移植手術に向けた道筋が整った。

 日本臓器移植ネットワークによると、国内の心臓移植希望者は674人(4月末現在)。しかし、脳死者からの心臓提供数は年間50件前後にとどまり、移植待機中に亡くなる患者も多い。新治療で目指すのは、移植に至る重症患者を減らすことだが、普及の鍵を握るのは安全性の確保だ。

 阪大は動物実験の結果をもとに安全性を示したが、腫瘍や不整脈が生じる恐れを指摘する意見もある。慶応大の福田恵一教授(循環器内科)は「心臓を覆う脂肪の上から貼って十分な効果が出るのか、高い安全性が確保されているのかを見極める必要がある」と話す。

 安全性を揺るがす事態が起きれば、iPS細胞研究全体の停滞にもつながりかねない。万全な検査体制の構築はもちろん、治療経過の情報公開を徹底し、想定外の問題が生じたら立ち止まる判断も必要だ。(大阪科学医療部 諏訪智史)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事