文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

手のトラブル(5)手首人工関節 動きやすく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
手のトラブル(5)手首人工関節 動きやすく
id=20180515-027-OYTEI50009,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

人工関節の手術を受けた竹内さんの手のエックス線画像。白く写っているのは、金属製の部分(北海道大学病院提供)

 33歳で関節リウマチを発症した札幌市の竹内千佳子さん(57)は2012年、北海道大学病院で新しい手首の人工関節の治験(国の承認を得るための臨床試験)が行われていると知った。左手首の関節の痛みが強くなり、もはや耐え難かった。

 傷ついた関節を金属などで出来た人工関節に取り換える手術は、膝や股関節では広く行われている。だが手首は複雑で繊細な動きが必要とされる。海外で開発された製品もあったが、破損などの不具合が起きており、国内で普及していなかった。

 竹内さんも03年に、先に悪化した右手首の手術を受けていたが、当時は人工関節という選択肢はなかった。手術は、切れた3本の指の けん をつなぎ、傷ついた関節の骨を削るという方法で、手首は自在に動かせなくなった。「次第に周辺の骨や筋肉が固まり、結局、右手首はほとんど曲がらなくなった」という。

 「手首が曲がらないと自分でお尻も拭けない。右だけでなく、左も動かなくなったら毎日トイレで困る。人工関節にできるなら、研究段階でも受けたい」。竹内さんは治験への参加を希望した。

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事