文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

サルから摘出した子宮、移植した別のサル妊娠…慶大チーム、人で臨床研究申請へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 サルから摘出した子宮を別のサルに移植して妊娠させることに成功したと、慶応大学の研究チームが13日、仙台市で開かれた日本産科婦人科学会で発表した。チームは先天的に子宮がない人への子宮移植の臨床研究を目指しており、年内をめどに同大の倫理委員会に申請予定だ。

 今回、妊娠したサルは、あらかじめ子宮をとり出したうえで、別のサルから摘出した子宮を昨年1月に移植。体外受精した受精卵を使い、今月3日に妊娠が確認された。

 子宮移植は、海外では病気などで子宮がない女性向けにすでに行われている。チームの 木須伊織きすいおり ・特任助教によると、スウェーデンなどで、子宮移植後に11人が生まれている。

 チームは昨年、人への子宮移植の臨床研究を倫理委員会に申請する予定だった。だが、子宮提供者の負担が大きいことや、移植後に必要な免疫抑制剤の胎児への影響など、倫理面の課題から遅れていた。

 木須特任助教は「技術的には大きな前進だ。今後、順調に育つかどうか見極め、まずは動物で安全性を確立したい」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事