文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

ギラン・バレー症候群の患者会…闘病記漫画を配布、資金募る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
ギラン・バレー症候群の患者会…闘病記漫画を配布、資金募る

ギラン・バレー症候群の闘病記漫画『ふんばれ、がんばれ、ギランバレー!』と著者のたむらさん

 神経難病ギラン・バレー症候群の患者会が、この病気の実情を医療関係者にもっと知ってもらおうと、闘病記漫画の配布計画を立て、その購入費・郵送代など100万円をクラウドファンディングで募っている。

 この病気は、免疫が 末梢まっしょう 神経を攻撃し、主に手足が脱力する。年間で10万人に1、2人の割合で新たに発症するという。

 漫画は「ふんばれ、がんばれ、ギランバレー!」(講談社)。22歳で発症した北海道函館市のたむらあやこさん(37)が、十数年のリハビリを経て、同じ病気に苦しむほかの人の助けになるならと描き上げた。

 配布先は、リハビリ専門病院や神経内科のある医療機関など約600か所。31日午後11時まで資金を募っている。募集サイトのURLはhttps://readyfor.jp/projects/gbs

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事