文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

痔核のジオン注射後、便漏れ

 50歳頃から 痔核じかく で、トイレの度に脱肛し、自分で戻していました。昨年7月に「ジオン注射」という特殊な注射をし、良くなりましたが、下痢が続き、昼間に無意識に液体状の便が漏れて下着を汚すようになりました。どうすれば治りますか。(76歳男性)

まず直腸肛門機能検査を

樽見研 樽見おしりとおなかのクリニック院長(札幌市)

 痔核は、肛門を閉じる役割をするクッションのような組織が静脈 りゅう 状に膨らんだ状態です。排便時のいきみなどで負荷がかかることが原因です。

 排便時に痔核が肛門外に出て、自分で戻さなければならなくなると、外科的治療が必要です。

 ジオン注射は痔核が縮小し、また組織が硬くなって脱出症状も改善する治療方法です。保険適用されています。

 治療効果も高いため急速に広がっていますが、4か所に注射する高いレベルの手技が必要です。安易に行うと、重い合併症を起こす可能性があります。

 相談者のように無意識に下着を汚すような液体状の便がもれることを漏出性便失禁と呼びます。

 ジオン注射が直接的に下痢のような副作用を起こした可能性は低いと思います。しかし、注射によって直腸や肛門が狭くなったり潰瘍ができたりする副作用は報告されています。これらが原因で便意切迫や残便感、肛門部の違和感が起き、神経性の下痢を招いているとも考えられます。

 今後の治療方針を決めるにはまず、下痢と、注射の副作用との関わりを調べることです。器質的な障害があるのかをみる直腸肛門機能検査が非常に役に立ちます。この検査ができる専門の医療機関の受診をお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。また、外部配信することもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額220円(税込)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。