文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

抗がん剤特許訴訟、先発薬側の敗訴確定…最高裁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 抗がん剤の後発医薬品(ジェネリック医薬品)に特許を侵害されたとしてスイスの製薬会社「デビオファーム・インターナショナル・エス・アー」が「東和薬品」(大阪)に後発薬の製造・販売の差し止めなどを求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は8日付の決定でデビオ社の上告を棄却した。デビオ社の敗訴が確定した。

 訴訟では先発薬の特許(原則20年)の延長期間(最長5年)が切れる前に製造・販売された後発薬についてどのようなケースで特許侵害に当たるかが争点となり、2審・知財高裁大合議部は「(たとえ延長期間に入っていたとしても)先発薬と後発薬の差異がわずかな場合、特許侵害に当たる」との判断基準を示した。東和薬品の後発薬は、先発薬にはない添加剤が加わっていることなどから「特許を侵害していない」とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事