文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

古代人もB型肝炎…現在は2億6千万人が慢性的に感染

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 人類は過去4500年にわたってB型肝炎ウイルスに感染していたことが、化石に残された遺伝子の解析から分かったと、欧米などの研究チームが明らかにした。

 同ウイルスの起源や進化の解明につながる成果で、10日の英科学誌ネイチャーに論文が掲載される。

 研究チームによると、約2億6000万人が現在、B型肝炎ウイルスに慢性的に感染しており、2015年には約90万人が合併症を引き起こして死亡している。ウイルスは少なくとも9タイプあるが、どう進化してきたのかは謎だった。

 研究チームは、7000~200年前にユーラシア大陸の中西部に住んでいた304人の遺伝子を分析。このうち、約4500年前以降の25人から、B型肝炎ウイルスに感染した痕跡が見つかった。また、当時の民族移動に合わせて、ウイルスが進化し、分布が変化した様子も確認できた。

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事