文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

子どもの健康を考える「子なび」

コラム

不慮の事故(1)電気ケトル倒れやけど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

  子どもの思いがけない事故による大けがは後を絶ちません。日本小児科学会で症例の収集と分析、情報発信に取り組む緑園こどもクリニック(横浜市)院長の山中龍宏さん(70)に、不慮の事故を防ぐ手だてを聞きます。(聞き手・萩原隆史)

◇ 
不慮の事故(1)電気ケトル倒れやけど

 1歳の女児が大やけどをしたのは、ある日の夕飯どきでした。台所の棚(高さ約50センチ)の電気ケトルに手を伸ばし、ひっくり返したのです。腕や胸、背中に熱湯がかかり、小児集中治療室に入院する事態となりました。

 少し大きな子の事例もあります。6歳の男児は、母親の実家で親戚の子と遊んでいた時、食卓の電気ケトルから延びる電源コードに足をひっかけて転倒。そこに熱湯が降りかかりました。

 電気ケトルは、必要な量だけすぐにお湯を沸かせ、どこにでも持ち運べるため、近年急速に普及しました。ただし、大人にとっての便利さは、子どもには大きな危険にもなります。

 かつて電気ポットでやけどが多発したため、倒れても湯漏れ量が50ミリ・リットル以下になるよう日本工業規格(JIS)で規制されました。ですが、製品として新しい電気ケトルにはこの規格がありません。湯漏れ防止機能付きの製品が出回りつつありますが、こうした安全機能のないタイプも多いのが現状です。

 行政機関はことあるごとに「子どもから目を離さないで」などと親に注意を呼びかけますが、それだけでいいのでしょうか。四六時中、完璧に目を離さないなんて、ちょっとできません。

 唯一、予防効果があるのは、安全な製品です。そこで、あるメーカーに湯漏れ対策を求めたことがあります。担当者から驚きの回答がありました。

【略歴】
山中龍宏(やまなか・たつひろ)
 1947年、広島市生まれ。小児科医。東京大医学部卒。子どもの事故防止に取り組むNPO法人「セーフ キッズ ジャパン」(東京)理事長、消費者庁の消費者安全調査委員会専門委員。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

konabi_logo_200

子どもの健康を考える「子なび」
子どもの健康について考えるコーナーです。各テーマの専門家にアドバイスしてもらいます。

子どもの健康を考える「子なび」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事